プロフィール

Werner von Schnitzler

Violin & Viola

 

 

ヴェルナー・フォン・シュニッツラー(ヴァイオリン、ヴィオラ)

Werner von Schnitzler

 

1978 年生まれ。その類い稀な才能により神童として脚光を浴び、13 歳の時、ドイツ首相官邸での御前演奏やヴァイオリン界の巨匠ユーディ・メニューインの75 歳を祝う記念演奏会に招聘されるなど、早くからヨーロッパの主要都市にて国際的な演奏活動を展開。その功績は、全ヨーロッパに放映された。

ドイツ国立ケルン音楽大学ヴァイオリン科およびヴィオラ科を卒業。ヴァイオリンをイゴール・オジム、ヴィクトル・トレチャコフ、ヴィオラをアントワン・タメスティ、室内楽をハラルド・ショーネヴェクの各氏に師事。また、ニューヨークにてピンカス・ズッカーマン氏に師事。

ソリストとして、アムステルダム(コンセルトへボウ)、チューリッヒ(トーンハレ、オペラハウス)、ミュンヘン(ガスタイク・フィルハーモニーホール)、ウィーン(コンツェルトハウス、楽友協会ホール)、ケルン(フィルハーモニーホール)、ストックホルム(コンサートハウス)、ハンブルク(ムジークハレ)、バーミンガム(シンフォニーホール)、フランクフルト(アルテ・オーパー)、ベルリン(シャウシュピールハウス)にて、カメラータ・アカデミカ・ザルツブルク、ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団、フランス国立リヨン管弦楽団、シンフォニア・ヴァルソヴィア、バンベルク交響楽団、ドイツ・カンマー・フィルハーモニー管弦楽団、ケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団、ミュンヘン室内管弦楽団、ハンブルク・フィルハーモニー管弦楽団、オランダおよびデンマークの放送交響楽団などと、シャーンドル・ヴェーグ、ハインリヒ・シフ、ピンカス・ズッカーマン、ゲルト・アルブレヒト、ハンス・フォンク、エドモン・ド・シュトウツ、マルクス・クリート、エマニュエル・クリヴィヌの指揮で共演。ドイツ青少年音楽コンクール、イフラ・ニーマン・コンクール、オランダ放送局コンクール、SNS ミュージック・アワードで優勝。

 

室内楽の分野では、ラルス・ヴォクト、エマニュエル・パユ、パーヴェル・ギリロフ、ヴァシリー・ロバノフ、アルバン・ゲルハルト、アレクサンダー・マドザー、デニス・ラッセル・デイヴィスと共演。

オーストリア放送局、スイス・ロマンド・ラジオ局、自由ベルリン放送局、西ドイツ放送局、ヘッセン放送局、南西ドイツ放送局、ドイツ文化ラジオ、ドイツ公共放送連盟、第2ドイツテレビの他、デンマーク、オランダ、フランス、スロヴェニアの放送局より録音。アルス・プロダクションより、CD が2枚リリースされている。2014年、森フォン・シュニッツラー愛喜(チェロ)と森 朝(ピアノ)と共に、「森トリオ」を結成。また、シュニッツラー・カルテットの第一ヴァイオリン奏者としても活躍。インターナショナル・フランツ・リスト・アカデミーにて、後進の指導にも当たっている。